起業をするならば失敗をしない方法を知ろう!

起業して成功する確率はどの程度?

起業するときに失敗しない方法はあるでしょうか。起業の現実を見ると、3年以内に辞めて行く人は95パーセント、5年以内に辞めていく人は98パーセントという数字があります。このように、数字だけみ見るとどこか不可能そうな感じがするのではないでしょうか。ですが、慎重に進めることで、倒産したり大赤字を出す可能性は限りなくゼロに近づけることができるのですよ。では、具体的にどのような方法を実践したら失敗しないでしょうか。

その道のプロフェッショナルであることが最低限の条件

起業する場合、その道のプロフェッショナルであることは最低限の条件になります。ただ、これに関してはたいていの起業家がクリアしています。普通、起業をしようと思う人はその道で全く経験がない人や、その仕事が苦手な人ではなく、たいていはその仕事で良い業績をあげたが成功している人なのです。逆に言えば、その道に関してほとんど素人の場合は、いきなり起業するのではなく、どこかで何年間か経験してから起業した方が良いでしょう。

人を雇う技術を身に付ける必要がある

以上するときに必要な力の1つに人を雇う力を身に付けることがありますね。最初は1人で事業を始めたとしても、事業が軌道に乗るようになれば1人では不十分です。配偶者がいれば手伝ってもらう方が良いですが、それでもなお人手がたらなくなることがあります。その時に、人を雇う方法を知っておくことが大事になります。人を雇うだけであればそれほど難しくはありませんが、継続して人を雇い続けるためには、それなりの技術が必要なのです。

フランチャイズ本部は、加盟店に様々な特権を与える見返りとして、一定の対価を受け取っています。その特権は、商標使用権と営業ノウハウ、独占的な商材販売権などが代表的です。

標準