引越しの荷造りでは、衣服を緩衝材に使おう

引越し荷物でかさばる衣服

引越しの荷造りの際、意外にかさばるのは衣服です。それほど服を買い込まない人でも、結構な枚数を持っているものです。引越し会社を利用するなら、ハンガーボックスを使えます。衣服をハンガーにかけたまま、ハンガーボックスに移し替え、新居でもそのままの状態を保てます。しかし、ハンガーボックスというのはけっこうトラックの荷台でスペースをとりますので、4箱以内に収めたいものです。シャツ類などは、荷造りの緩衝材に使ってしまいましょう。

使い勝手の良いTシャツ

食器などをダンボールに詰めるときは、引越し会社からそれ専用の紙が渡されますが、それで食器をくるんだあと、段ボールの上の隙間をふさぐのには衣服がもってこいです。特にTシャツは使い勝手が抜群です。クッション性もあり、形も変えやすいので隙間に詰めやすく、体積も小さくできるので、良い緩衝材になります。段ボールを重ねても、へこんだりする心配もありません。新聞紙を丸めて詰めたり、プチプチを使ったりしなくても間に合います。

普段から掃除用具に使って減らす

衣服はなかなか捨てにくいものですが、長く着ないでいるものは、今後も着ないだろうと割り切って、普段からこまめに処分しておきましょう。小さく切って掃除用具にすると、便利に使えます。雑巾だと洗って使い回すことになりますが、古い衣服の切れ端なら、拭いたらそのまま捨てることができます。一枚の衣服でも、切ると相当な枚数になります。そこそこ本格的な拭き掃除も、古いTシャツ一枚で十分事足りたりします。引越し前の掃除にも使えますね。

お引越しや家具、家電などの買い替えでいらなくなったものは、不用品の回収を業者に依頼することが出来ます。

標準