やってはいけない!スパムとみなされる危険性のあるホームページのSEO対策とは?

コンテンツを不正に作成する行為

ホームページのコンテンツのメインとなるのは文字情報ですが、自動でキーワードを含んだ文字列を生成するツールを使った文章は、スパムとみなされますので注意しましょう。このような文章生成ツールは、人間が読んでも意味をなさないような文字列となってしまい、ユーザーにも有益なものでは無いためです。また、どこか別の場所にある文章などをそのままコピーして使う行為もスパムとしてペナルティーを受けてしまいますので注意しましょう。著作権の侵害ともなりますので当然ですよね。

ページに不正にキーワードを含ませる行為

検索エンジンで自分のホームページを表示させるには、キーワードを上手に使うことが重要です。特に、検索数の多い人気のキーワードで上位表示を狙いたいですよね。ただ、自分のホームページに、ユーザーには見えないような形で不正にキーワードを含ませるのは、スパムと見なされてしまいますので注意しましょう。このようなことを行うと、ユーザーが検索して知りたい思っている情報とは別の内容がを持ったホームページが表示されることになり、検索エンジンの品質低下につながりますので、当然ですよね。

不自然なリンクを扱う行為

検索エンジンで上位表示をさせるには、外部のホームページからのリンクの数はとても重要な要素です。ただ、この外部リンクを過剰に操作することは不自然なリンクとしてペナルティーの原因となりますので注意しましょう。自分のホームページ同士で相互リンクをすること自体は問題ではありませんが、あまりにも過剰に自作自演のリンクを設置し過ぎるのも問題です。また外部の業者から有料のリンクを購入するのも、不自然なリングとみなされますので注意しましょう。

ホームページ作成とSEOの利点として、ライバルのウェブサイトの制作者に差をつけることが出来ることが挙げられます。

標準