倉庫業について!在庫管理を徹底して違算をなくそう!

整理整頓だけでは美しくならない!

皆さんは自分の部屋を綺麗に整理していますか?部屋は綺麗な方が絶対良いはずですが、人が来ることになって急に整理を始めたりしませんか?お客さんが来ない時は、結構散らかっているという人もいるのでは?整理整頓が常日頃行われていれば、急いで片付ける必要もありませんが、どこに何を置いたか分からなくなってしまう部屋に住んでいる人も多いでしょう。物の整頓や整理は簡単なように見えて結構難しいし、いったん整理したものを崩さずにおくということもまた難しいんです。

在庫管理が徹底されている!

倉庫では物がなくなってしまわないように、在庫管理が徹底されているんです。どこに何を置いたのか、その商品がいつその棚に置かれたのかなど、全て把握していなければなりません。倉庫の仕事は、家庭で四苦八苦しているような整理整頓が日常茶飯事に行われているので、倉庫で実際に働いたり見学したりすると、非常に勉強になりますよ。倉庫では自動倉庫システムを導入していたり、ロケーション管理を行っていたり、いろいろな方法で在庫の管理をしているんです。

出荷には細心の注意が必要!

管理しているものは倉庫によって違いますよね。人が持てないような大きさの部品をフォークリフトで管理している倉庫もあれば、1ミリあるかないかくらいの小さな部品を扱っている倉庫もあります。大きな商品や部品は数え間違えて出荷してしまうことはあり得ませんが、小さな部品の出荷には細心の注意が必要となります。小さい部品は落としても分かりませんし、数え間違えて出荷してしまうと在庫が不足してしまいます。倉庫では、部品一つ失くしただけでも在庫違算に繋がってしまうんです。

近年のECサイトは販売するだけでは利幅が少ないので、物流まで自社で持つことで、コストを圧縮して利益を出しながら配送までの時間も早くなるというスタイルが増えてきています。

標準