太陽光発電システムを設置することに関して

工場などの大規模なところ

太陽光発電システムというのは、自前でエネルギーを作ることができるシステムです。その設置場所の一つとしては工場があります。工場の屋根であれば比較的平らであり、そして、大きくパネルを置くことができるからです。そして、工場では多くの電力を使うことになりますから、それを補うことができる、ということであり、これがとても大きなメリットになっています。それに国から少なからず助成金が出ます。環境に配慮している、という名目です。

家庭に設置する場合について

家庭にも太陽光発電システムを設置することが増えています。今でメイン市場となっているほどです。安くパネルを作ることができるようになった、ということもありますし、十分に元が取れる可能性が高くなったことも理由として挙げられます。それに余った電気は売ることができるのです。これが売電システムであり、今の所は維持されています。これからもしばらくは維持されることになるでしょうから、実はかなりお勧め出来る設置先になります。

空き地や山に作ること

空き地など使っていない場所に太陽光パネルを沢山設置することもあります。これは完全に投資目的であり、余ったから売電をするのではなく、最初から売電目的でやっています。悪いことではなく、むしろ、国としては積極的に推し進めている事業の一つでもあります。鳴り物入りで行われた物ではありますがかなり進んでいます。各地の休耕田や山間の日当たりが良いところなどに設置されて、様々なところの電力を補っていることは確かです。

太陽光発電の価格のうち設置費用は太陽光モジュールと設置架台・設置工事費・電気配線工事費の合計額となり1kWあたり40万円前後です。自治体からの交付金があるので実質導入費用はそれ以下になります。

標準